マナー&ルール

健康麻雀マナー

「自分に厳しく人にやさしく」

1.先ヅモ厳禁。無発声厳禁。
2.手牌に関することを口にしない。(マンズが高いなぁ・でてないなぁ等)
3.他家に対して指示・助言等は基本的にしない。(余計なお世話です)
4.牌山は右斜め前に出し、取りやすくしてください。
5.東家は全員が配牌を取った事を確認の上、第一打を捨てて下さい。
6.捨て牌は6枚切りにしてください。
7.強打しない・理牌して倒す・流局時のノーテンは伏せて下さい
8.点棒の受け渡しが終わるまでは手牌と牌山をくずさないように。

先頭に掲げた「自分に厳しく人にやさしく」は以下すべてのマナーの中の頂点にあり、もっとも大事な事です。つまり、以下のマナーが少しくらい出来ていないからといって他人に厳しく注意することはこれに反するという考えです。
そのような場合は言葉優しく注意し、そうでなければ先生から注意させるようにして下さい

健康麻雀ルール

喰いタンあり・後付けありのルール

① 東南戦、2万5千点持
② 点数を借りた時点でゲーム終了(積み棒は除外)(大会時に限り継続)
③ 形式テンパイあり(自分が待ち牌をすべて使っている時は無効)
④ ノーテンは場に3千点。連チャンは一本場につき300点、親がノーテンなら親流れでオーラスならゲーム終了(供託はトップ取り)
⑤ 途中流局すべてなし(九種倒牌・四風連打・四人リーチ)。流し満貫あり
⑥ あがり者は常に一人(同時あがりは頭ハネ)
⑦ 30符6翻(60符5翻)は子で8000・親で12000
⑧ 王牌は14枚残し(嶺上開花と海底は複合しない)
⑨ 役マンのパオ(責任払い)は大三元の3フーロ・大四喜の4フーロ目をポン或いはカンさせた時とし、ツモは全額・ロンは半額負担
⑩ フリテンリーチはツモあがりのみ
⑪ リーチ後のツモ牌選択あり
⑫ 一発・裏ドラ・カンドラ・カン裏ドラあり(すべて即ノリとする)
⑬ ノーテンリーチは流局時チョンボ
⑭ カンブリあり
 大明槓の責任払いなし
⑯ チャンカンあり

罰則
チョンボ
① 誤ロン、誤ツモにより手牌を倒した時
② ノーテンリーチ(しかしアガリ優先)
アガリ放棄 (ノーテン扱い)
① 誤ロン、誤ツモ発声のみ
但し他の者が手牌を倒牌した場合は、
その方もノーテン扱いで流局、倒牌しない方はテンパイ扱いとする。
② 多牌、少牌
配牌取り間違い
① 自分の第一ツモまでに気がつけばその場で数調整。

補足
① 流局時待ち牌がなくてもテンパイと認める。(自分がすべて使用している時はノーテン)
② チャンカンやハイテイのみでもアガれる。
③ ダブル役マン以上であっても、子で32000点、親で48000点

このページの先頭へ